きぬや

きもの振袖お手入れ

Kimono & Furisode ‘s Care

きもの・振袖の
お手入れ

「振袖のお手入れはどうしようかしら?」
「ずっとタンスに着物を
しまっていたのだけれど大丈夫かしら?」
着物・振袖のお手入れ、お悩み
なんでもお気軽にご相談ください!

きもの汚れ確認ポイント

  • 雨ジミ
  • 汗ジミ(背中)
  • ファンデーション
  • 汗ジミ(脇)
  • 袖口の汚れ
  • 泥はね
  • 裾の汚れ

着物を着ると、自分の汗や皮脂、化粧品などの汚れがついてしまうことが多くなります。汚れがつきやすい場所を中心に、汗や汚れ、シワがついていないか確認しましょう。着物が汚れた場合、濡れタオルやハンカチで擦ると生地が著しく傷みます。汚れ、染みが付いたら、できるだけ早くクリーニングすることをオススメします。

きものの汚れ

お手入れの各工程

予洗い

衿や袖、裾など汚れが付きやすい箇所は、職人の手で予洗いします。

洗浄

和装専用の最新ドライ洗浄機で着物全体を洗います。高品質の溶剤を使っているためニオイが残らず、生地にハリを持たせることが可能です。

汗抜き

汗は着物の黄ばみ、カビや嫌な匂いの原因となります。保管する前にしっかりお手入れすることで着物をキレイに保ちます。

乾燥・仕上げ

着物を変色させる紫外線を避け温度管理された室内で自然乾燥。仕上げはクリーニング師が、スチームアイロンと専用の吸引で生地の縮みを防ぎながらシワを伸ばし、きれいに仕上げます。

洗い張り

洗い張りでは、仕立て上がった着物を解きほぐし、すべてのパーツをつなぎ合わせて反物にします。その状態で全体を人の手で水洗い。乾燥後は湯のしをして、柔軟仕上げをします。

毎月のお手入れイベント

京都よりお手入れ職人来場!
その場できものの状態を確認し、無料お見積もりいたします!

その他にも様々な悩みにお答えしています。
お問い合わせページよりご相談ください。

Return to Top ▲Return to Top ▲